婚活に疲れたアラフォーが理想の人に出会うための本当の婚活とは?!

婚活に疲れたアラフォーが理想の人に出会うための本当の婚活とは?!婚活

「結婚相談所に登録してるけど、ときめく人と出会えない」
「アプリで婚活しているけど、ロクな男がいない」
「週3回合コンしてるけど、なにがなんだかわからなくなってきた」

そんなことを言いながら、ダラダラと婚活していませんか?

何かを成し遂げるためには、成功者から学ぶのが一番の早道です。
やみくもにやっていても結婚できません!

結婚できた先輩はどんな活動をしていたのか、数字を見て確率の高い効率的な婚活を行いましょう!

2015年の調査結果「夫婦が出会ったきっかけ」

2015年に国立社会保障・人口問題研究所が調査した「夫婦が出会ったきっかけ」を見てみると・・・

出典:第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)

 

わかりづらいのでグラフにしてみました↓

見づらければ拡大してくださいm(__)m

 

2015年の結婚につながる出会いランキングは

1位「友人・兄弟を通じて」30.9%
2位「職場や仕事」28.1%
3位「学校」11.7%

です。

このデータ、ちょっと古いですが、今でも数字や順位は少し変わっているかもしれませんがそれ程大差ないでしょう。

これを見て「友達からの紹介が一番なのね!」と思ったあなた、そうかもしれませんが、そうじゃないんです!(どっち?)

「夫婦が出会ったきっかけ」調査を見てわかること

注目してほしいのは2位と3位。

2位の「職場や仕事」、3位の「学校」を足せば39.7%約4割を占めています。

これを見てわかることは

・やっぱり「職場」や「学校」というのは最大の婚活場所ということ

当たり前ですが、これははっきり認識しておいたほうがいいと思います。

「職場や仕事」、「学校」ってほとんどの人が一度は属している場所ですよね。
改めて新たな環境に身を投じる必要はないわけです。

本当に結婚したいなら「職場恋愛とかないわ」とか「昔の同級生にいい人いない」とか言ってないで、もう一度いい人がいないか洗い出してみましょう!

いやいや「私、女子高・女子大だし」という方、塾で出会った男とかサークルとかあるでしょ!!!

とにかく洗い出しましょう。(できれば書き出す)

・「職場」や「学校」の出会いは結婚につながる

「職場」や「学校」の出会いって結局、信頼性が高いですよね。

家庭環境や知識レベルなど、似ているところも多いので安心感高いです。

職場の同僚や昔の同級生を遊び相手にするっていうのも気が引けるし、だますこともなかなかできません。(職場や同級生内で悪いことするムカつく男もいるけど・・・(怒))

なので、新たに婚活として「職場」や「学校」を再構築してくのもありだと思います。

それが「転職」または「社会人学校」。

婚活中の女性がやるべきことは3つ

1.過去の「学校」や「職場」で知り合った独身男性を書き出す

2.書き出した男性が結婚対象になるかどうか検討する

3.”対象者なし”なら「転職」か「学校」に通うことを検討する

3はなかなか難しいと思うかもしれませんが、ガチの「転職」ではなく、「副業」を初めて新たな仕事仲間を作るのもよいと思いますし、

「学校」は何百万もする学校ではなく、グループワークがあるようなちょっとしたスクーリングでもよいのではないかと思います。

とにもかくにも、「職場」と「学校」はつながりを作ることができる最大の婚活場所ですから、見逃す手はないと思います。

婚活では結婚相談所やアプリでの出会いが中心になりがちですが、
結婚相談所、アプリ、合コン、紹介など、
様々な婚活を並行してPDCAを回していくこと
が大切だと思っています。

婚活の中に上記やるべきこともぜひ加えてみてください♪

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました