結婚してから後悔しないために婚活前考えてほしいたったひとつのこと

婚活

結婚する際に「私、離婚するかも」って思う人はいないと思います。

しかし2019年度の厚生労働省の調査によると、3組に1組の夫婦が離婚しているというのが現状です。

なぜこんなにも多くの夫婦が離婚してしまうのでしょうか?

今の世の中、誰が離婚してもおかしくありません。

でも離婚って想像以上にパワーが必要です。

できれば誰でもしたくない。

離婚しないためにはどうしたらいいんだろう?
離婚しないための相手選びはどうしたらいいんだろう?
離婚しないための婚活のコツはあるのかしら?

そう思ったら、これを読んでいただければ嬉しいです。

離婚しない結婚をするためにはまずは自分を知ること

当たり前のことですが、これができていない人が多いと思います。

最終的に結婚する相手は「自分と環境が似ている人」だと思ったほうがいいと思います。

それが居心地が良いから。

自分がどんな家庭で育ったのか、どんな友達がいるのか、どんな仕事をしているのか、どんな金銭感覚なのか、思い返してみてください。

そしてそのうえでどんなパートナーが理想なのか、そしてそのパートナーとどんな将来を過ごしていきたいのか考えましょう。

 

私が離婚した理由

私はバツイチです。

1回目の結婚が失敗したのは私の精神年齢が低くて子供だったからだと思っています。

結婚というものがわかってなかった。

私は理想の夫や理想の生活を夢見てそれをパートナーに押し付けていました。

私の理想の結婚生活とは、平日は家事を手伝ってくれ、休日は仲良くお出かけ、お誕生日には豪華なディナーとか(笑)

私はプチセレブのような結婚生活がしたくて結婚したのです。

そんな理想が現実にあるわけなくて、その理想にそぐわないことに対して私が勝手にストレスや不満を抱えていました。

現実の元夫は、家事なんか全然手伝ってくれなくて、休日はソファーでゴロゴロしていましたね。

「そんなの当り前よ!夫なんてそれが普通!」って世の主婦から怒られるかもしれません。

そうなのです、夫なんてそんなもの。

(元夫の名誉のために言うと、「俺手伝ってたじゃん!」とか「休日遊びに行ったりしたじゃん!」っていうと思いますが・・・)

平日頑張って仕事してるんだもの、休日ゴロゴロしたっていいじゃん、って今は思えます。

 

結局離婚。今は彼(元夫)に申し訳なく思っています。

結婚とは生活です。

地に足のついた生活を共有することが大切。

日々の生活が質素でも、パートナーと一緒に喜びを感じることができることがあるというのが大切です。

これから婚活をしようと思っている女性には、夫と時には一緒にカップラーメンを食べるのも幸せ、そんな風に思えるパートナーと出会ってほしいと思います。

 

私は数年前に再婚しました。

彼と会って思ったことは「この人とだったら何があっても一緒に生きていける」

彼が会社をクビになっても、彼が介護状態になっても、私が支えていける、そう思えます。

休日ゴロゴロしていても、家事を全然手伝ってくれなくても、それすらもいとおしい、今はそう思えます。

もちろん腹が立つこともたくさんあるけど(笑)

 

あなたが結婚相手に求めるものは何ですか?

私が結婚相手に求めるものは、「身の丈」だったと再婚して気が付きました。

背伸びせず、見栄を張らず、今の自分を認識している身の丈に合った生活をしているパートナーを探しましょう。

 

あなたは自分自身のことを認識できていますか?

自分の理想をパートナーに押し付けたり、理想だけ追い求めて婚活したりしていませんか?

自分がどんな家庭で育ったのか、どんな友達がいるのか、どんな仕事をしているのか、どんな金銭感覚なのか、思い返してみてください。

そしてそのうえでどんなパートナーが理想なのか、そしてそのパートナーとどんな将来を過ごしていきたいのか考えましょう。

それができなければ婚活もうまくいかず、いつかその結婚も破綻すると思います。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました